東京にそだつホタル>著作権について

東京にそだつホタル


東京にそだつホタル/著作権について

東京ゲンジボタル研究所 古河義仁所有の著作物利用に関して

本ウェブサイトに掲載されている各種コンテンツ(文書、画像、映像、プログラム等を含みます)は、日本国及びその他の各国の著作権法及びその他の法律、関連条約で保護されています。
お客様は本ウェブサイトをご利用になるに際し、非営利目的でかつお客様御自身が個人的あるいは家庭的な目的に限り、各種コンテンツのご利用等をすることができます。
これ以外の場合の各種コンテンツの使用またはその他の行為(譲渡、貸与、複製、改変、公衆送信等を含みます)を、その権利者の許可なく行うことを禁止します。
東京ゲンジボタル研究所 古河義仁が著作権を持つ記事・図表・写真等を使用される場合は、東京ゲンジボタル研究所 古河義仁の個別の承諾と使用料が必要になる場合があります。下記のケース以外で、ご使用を希望される場合には、東京ゲンジボタル研究所 古河義仁 furukawa@tokyo-hotaru.com までご連絡ください。

承諾を必要としないケース

  1. 個人的な興味や趣味などで、自分だけで使用する。または、家庭内や家族で使用する私的使用の場合。ただし、インターネットのホームページに記事や写真を貼り付けることは、その運営者が個人であっても私的使用にはなりません。東京ゲンジボタル研究所 古河義仁の個別の承諾と使用料が必要になる場合があります。
  2. 小、中、高校その他これらに準じる学校(盲学校、養護学校など)で授業のために自主的に編成・作成した教材や試験問題等に使用する場合。ただし、出所の明示、著作者名の表示は必要。

東京ゲンジボタル研究所 古河義仁が著作権を持つ記事・図表・写真等をご使用になる場合の基本条件は下記のとおりです。

サイト内の記事・図表の使用条件

  1. 東京ゲンジボタル研究所 古河義仁の名誉や品位を損ねるご利用はお断りします。
  2. ウェブ上での使用に際しては、記事の末尾等に「この記事・図表等は東京ゲンジボタル研究所 古河義仁の許諾を得て転載しています」、または、これと同主旨の文言を明記したうえで、「東京ゲンジボタル研究所 古河義仁の著作物について」、「著作権の説明」などとして、http://www.tokyo-hotaru.com へのリンクを貼ってください。
  3. 出所を明示してください(提供:東京ゲンジボタル研究所 古河義仁)
  4. 内容の変更は認めません。著作権法で規定される「引用」などの場合は、記事の主旨に沿った要約、引用に限ります。
  5. 著作権法に基づいた使用とし、トラブル、損害賠償問題等は使用者の責任と費用で処理するものといたします。なお、この処理に関連して東京ゲンジボタル研究所 古河義仁が損害をこうむった場合には、当方からも損害賠償等を請求することがあります。

サイト内の写真及び画像の使用条件

  1. 著作権は、東京ゲンジボタル研究所 古河義仁が管理しています。私的利用の範囲を超える場合は、著作者である東京ゲンジボタル研究所 古河義仁の承諾と使用料が必要です。
    提供するいかなるコンテンツの著作権その他の知的財産権も、利用者に譲渡されるものではありません。利用者は、各サービスの利用規定、コンテンツのライセンス条件に従い、許容された範囲内の利用ができる権利を許諾されているにとどまります。
  2. 写真の注文時に使用目的を明確にしてください。ホタルの保護に繋がらないと思われる場合は、ご使用をお断りいたします。
  3. 写真の使用の際には、必ず 写真提供「東京ゲンジボタル研究所/古河義仁」 という提供クレジットを明記してください。
  4. 写真の画像をホームページ用素材として改変および部分使用することを禁止します。
  5. 写真の画像を許可を得て、ホームページに掲載する際は、出所の明記と「東京にそだつホタル」へのリンクを貼ってください。
  6. 写真の複写、第三者への転貸をしないでください。
  7. 写真を使用する際に、万一、第三者とのトラブルが生じた場合は、使用者の責任において解決していただくこととします。
  8. 写真の使用は一回限りです。貸し出しを受けた写真(ポジフィルム、CD-R、メール送信を含む)は、使用後、速やかに返却または廃棄するなどして、注文時に申請された目的以外の用途で使用しないでください。
  9. 複数のメディアで使用する時は、その都度、写真の貸し出しを受け、再使用料をお支払いください。
  10. 出版物などに写真を掲載した場合、その出版物(一部)を東京ゲンジボタル研究所までお送りください。
  11. 他者が著作権を持つ著作物を許可なく使用すれば、著作権の侵害にあたります。著作権を侵害すると、悪質な場合は刑事罰として、最高で10年以下の懲役又は1,000万円以下の罰金が課されます。
  12. 著作権を侵害した場合、「損害賠償」として当該使用料の10倍を申し受けます。
    また「著作者人格権(公表権、氏名表示権及び同一性保持権)の侵害により被った精神的損害の慰謝料」を請求いたします。
  13. 当ホームページ内の東京ゲンジボタル研究所/古河義仁が著作権を有する写真画像には、画像深層暗号化技術を用いたHIP(Happy Image Privacy)による著作権等の電子透かしデータが組み込まれています。
  14. その他詳細つきましては、ホタル写真の貸出とご使用についてのページをご覧ください。

Creative Commons License
このウェブサイトは、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。